関西発ゆるゆる大人女子の山登り

やまのぼりブログ



大阪府の山 山行記録 岩湧山

早春の岩湧山でスプリングエフェメラルの花探しとバリルートで遊ぶ

投稿日:2019年3月8日 更新日:

関西の低山で春のお花探し。

岩湧山は金剛山のすぐ近く。

萱の山上台地の風景が有名な岩湧山ですが、他にも見どころがたくさん。

関西の山登り、今回は日帰りで岩湧山をバリエーションルートで登ったり降りたり、遊びます♪

ユキワリイチゲ

tomo
セリバオウレン、ユキワリイチゲなどスプリングエフェメラルも楽しめますよ








山行概要

岩湧山とは

標高:897m

関西百名山・新日本百名山・大阪50山

展望ポイント:山頂台地のススキの原が有名。ほぼ360度の展望が楽しめる。大阪平野や大阪湾、金剛山の天望あり。

tomo
上記が一般的な岩湧山のイメージですね。

山頂までのハイキングならコチラ

tomo
今回は破線ルート・バリエーションルートの岩湧山を楽しみますよ

破線ルート、バリエーションルートは一般的な地図ではなく

ちゃんと等高線のある詳細なマップで確認しながら行きましょう。

現在地の確認のためにGPSがあるとさらに安心ですね。

ヤマレコの地図やヤマップのようにスマホで、時々、確認しながら歩くの方法の一つ!

岩湧山はもっと楽しめる!花の種類も多く、岩場やバリルートで歩くと他にも発見がたくさんありますよ!

 

のんびりハイキングのつもりが、ガッツリ山歩き

まずは車道を歩き滝畑方面へ進みます。

番号、大事です。

途中、火の用心の看板(NO.80)から山道へ入ります。

関西電力の道

今日は関西の低山で、のんびりお花探しのハイキング♪

の、つもりでいた私ですが…。

今回、ご案内してくださった山仲間さん。

軽~く、考えていた私が甘かった!!

とんでも、ございません。

低山でもガッツリ山歩き!!

一般登山道ではなく、まずは細い尾根道に入り込みました。

関西電力さんの道=鉄塔アリキ!

tomo
鉄塔を真下から写真を撮ると面白いよ

植林地帯

自然林のフカフカ小道の細尾根から、すぐに植林地帯へ突入です。

tomo
あれ??これって、かなりの急登だなぁ

ハァハァ息が切れてきました。

花粉症のため、マスク着用の私には急登がかなり堪えます💦

途中、珍しい植物を見つけると、写真タイムという名のしばしの休憩タイムです。

植生が豊な岩湧山

ツチグリを発見♪

まるで地球の生物とは思えない容姿ですよね。

道なんて、ない!

ほとんど獣のふみ後程度の道なき道を進みます。

でも、よ~く、見ると、ピンクテープがちゃんとあり、一応、人が通っていることがわかります。

切り株にはえたキノコ発見!

これは、もしや…。

tomo
山頂まで直登??

そう!その、通りでした。

すでに花粉の洗礼を受けつつ、直登をヒ~コラ、ヒ~コラ💦

登ります。

今日はめちゃくちゃひさしぶりのアプローチシューズを履いてきて大正解。

このところ、冬山登山靴ばかり履いていたから、アプローチシューズの登りやすさがありがたいです。

青空!!

植林地帯の直登のラストは藪漕ぎ!!

そして、やっかいな藪漕ぎを抜けると、そこは萱場のすぐ横。

山頂台地はすぐそこ!

あっという間に、山頂へ。

快晴♪

まだ早朝のせいか、だ~れもいません。

山頂を貸し切りです!

山頂からはほぼ360度のパノラマビューが楽しめます。

とりあえず、証拠写真

春とは言え、意外にも山上は寒いです。

岩湧山と、言えばススキ

絶対外せないのが、岩湧山のシンボル的存在のススキですね。

大阪平野も見渡して♪

春霞というのかな。

少しかすんでいるので六甲までは目視できないけれど、眺望抜群です。

ハバヤマボクチ

枯れていても存在感の大きいハバヤマボクチ。

その場所ならではの植物を観察するのも山登りの楽しみですね。

霜柱

寒い、寒いと思っていたら、霜が降りていました。

霜で白くなった木製階段

霜が降りているので真っ白に染まった階段。

すべらないように注意して山上台地を後にします。

萱場も、山焼きまでの限定風景ですよ

春の山焼きまでの、ススキ野原の風景です。

最後に振り返ってパチリ♪

 

破線ルートで谷をくだる

鉄の橋

山上台地を後にし、快適なダイヤモンドトレールを歩いたのもつかの間。

横谷、ネバシ谷方面分岐を曲がります。

ネバシ谷をくだりますよ。

一歩破線ルートへ侵入すると、道の雰囲気が、ガラッとかわります。

小さな滝の脇にかかる鉄製の橋は、微妙にしなり怖いです💦

鉄塔

いくつも通過する鉄塔には番号がふってあります。

再び植林地帯

ダイヤモンドトレールを外れ、すぐに植林地帯の急な斜面をくだってきました。

沢沿いのルート

低山といえど、破線ルートでほぼ獣道みたいな急坂をくだってくると

アルパイン部の普段の山行とかわらない気がしてきます。

癒しのヒトコマ

でも、プライベートの山行でいいのは自分の写真が撮りたいポイントで立ち止まれるところかな♪

青いビーズみたい

こんな写真も立ち止まって撮れるのは、気持ち的にリラックスできます。

ズンズン谷を集落のほうへ降りてきました

谷を降りてくると、徐々に登山者とすれ違うようになりました。

もうすぐ集落に出ますよ。

スプリングエフェメラル

tomo
今回の一番の目的は、この時期ならではのお花を愛でること

セリバオウレン

春の妖精とも言われる、山野草。

まずはセリバオウレン。

セリバオウレン

スプリングエフェメラルには様々なお花がありますが、岩湧山ではセリバオウレンとユキワリイチゲが有名です。

お花の咲いている場所の明言は避けますが、集落にほど近い場所なので、シーズン中は人がカメラを向けていることも多いでしょう。

tomo
きっとすぐにみつかると思いますよ

ユキワリイチゲ

tomo
一年越しの願いが叶い嬉しい

実は、昨年はこのユキワリイチゲには出会えなかったんですよね。

同じ時期、同じ場所でもやはり咲いている時期ぴったりでないと出会えないですから。

今年は、念願のこの子に出会えて本当にうれしかったです♡

はかなげで、お上品な姿

ワンポイント

  • セリバオウレンとユキワリイチゲの咲いている箇所は少し離れていますよ。
  • お花は早朝よりも陽が照ってきてからの方が花が開いてくるので、日中に行かれることをお勧めします。
  • 一度、花の咲く箇所を覚えてしまえば毎年同じ場所に咲くので、毎年、咲くのを待ちわびて会いに行く楽しみができますね♪

バリルートを楽しむ山歩き、岩登り

本日の山メシはあったかい、うどん

tomo
山めしタイム

お腹が空きすぎて元気がなくなってきたので、大休憩をしました。

本日の山メシは故郷のB級グルメ?!

味噌煮込みうどん、です。

野菜や卵でボリューミー。

中から温まり、パワーチャージできました。

注意ポイント

火器の取り扱いには要注意です。場所により、火器使用が禁止されている場所があります。この岩湧山では岩脇の森内が火器使用禁止です。岩脇の森は記事の上部にあるマップを参考にしてね。

 

再び道なき道を進む

さて、一歩林道から足を踏み入れたルートは再び道なき道です。

tomo
バリエーションルートを存分に楽しみましょう

お次は沢沿いを渡渉を繰り返しながら進みます。

初夏に歩いたらきっと気持ち良い沢ルート

道、じゃないです。

一応、ピンクテープはありますが初心者さんだけで来るのはやめておきましょう。

すべらないよう慎重に、慎重に…

ピンクテープが要所ごとにありますが、わかりにくい箇所もけっこうありますよ。

ルートファインディングは慎重に!

まずは経験者さんと一緒に歩かれることをおすすめしますよ。

看板があるなんて!

登山道とは言えない雰囲気の山中で、ふいに飛び込んできた小さな看板。

急に人工物が出てくると、ここは人里近い低山の山中であることを思い出します。

看板には確かに「布引の滝」と書いてある!

こんなところに滝!?

低山だからと、あなどるなかれ!?

まさか、こんなところに、滝があるなんて!!

滝のすぐ近くまで行ってみた

夏に来たら、絶対に入りたくなるような水場です。

滝つぼの色がとってもきれい

シャワークライミングできそうな滝ですよ。

少し高い場所から撮影

なんだかとっておきの秘密の場所をみつけたような、テンション上がる場所でした♪

 

滝の上は岩場につながるルート

ここで、滝の上部へ行ってみることに。

トラロープが張ってありあります。

あまりロープには頼りませんが、念のためにすぐつかめれる位置で把持しながら進みます。

3点支持で!

他のレコを見ていても、この箇所はザイル(ロープ)で安全確保しながら登っておられる方が多いみたい。

今回はザイルなど確保する道具は持ってきてないので、絶対に落ちないように慎重に登りましたよ。

tomo
三点支持は基本だよ

クライミング要素たっぷり

tomo
やばい!!楽しい!!

この時のテンションは最高に高かった♪

やっぱり岩場になると楽しくて、花粉のつらさも忘れます!

高度感が出てきました

ズルっといったら、危ない岩場。

眺望抜群!!

岩の上にあがってきましたよ。

ここは眺望、バツグン。

ここでご飯食べたら最高ですね。

何に見えますか??

亀岩に到着しました。

カメだけど💦気分はジャンヌダルクなんです

山上のカメさんの上にのって、なぜか、気分はジャンヌダルクなんです。

楽しすぎて、かなりのハイテンション♪

この雰囲気、マルチピッチクライミングって感じ

岩場歩きは楽しいです。

ヤッホー

思わず「ヤッホー」と叫んでみたら、ようくこだましていましたよ。

西タツガ岩

東タツガ岩もあるらしいですが、今回は西のみです。

他にも岩場がありクライミングゲレンデがあるらしいですが、それはまたいつかのお楽しみ。

西タツガ岩

西タツガ岩は、下から見上げている時は今にも落っこちそうに見えたので、とても乗る勇気がありませんでした。

馬酔木

日当たりの良い山上では馬酔木が咲きだしています。

 

すっかり岩々歩きにテンションあがり、ご機嫌さんな私ですが。

そろそろ鼻炎薬の効果が限界??

花粉症のため、眼も鼻も限界になってきました。

そろそろ下山です。

フキノトウ

下山後に立ち寄った四季彩館ちかくでみつけたフキノトウ。

蠟梅

あたり一面、ロウバイの良い香りがただよっていましたよ。

ほっとするひと時。

四季彩館の中に入り、暖炉の前でほっと一息。

管理人さんと少しおしゃべりをして帰りました。

まとめ

tomo
低山だけどこんなにも遊べるなんて!

岩湧山は遊べる!

  • 植生が豊で様々な動物、植物に出会える!
  • 街から近く関西の日帰りで行ける山
  • 萱場だけが岩湧山ではない!
  • 眺望がよく、気持ちが良い!
  • よく整備された初心者向けルート、ダイヤモンドトレールのルートがあり挑戦しやすい
  • いくつものルートがあり本格的な山登りもできる
  • 滝、沢、岩場があり変化にとんだ山登りができる

 

いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

ランキングに参加しています。

応援のクリック👇よろしくお願いいたします。


山ガールランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村

tomo
ブログ更新の励みになり嬉しいです。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-大阪府の山, 山行記録, 岩湧山
-, , ,

Copyright© やまのぼりブログ , 2019 All Rights Reserved.