やまのぼりブログ

関西発ゆるゆる大人女子の山登り



山梨県の山 山行記録 甲斐駒ヶ岳 雪山

残雪期(4月)の甲斐駒ヶ岳(黒戸尾根)七丈小屋泊

更新日:

tomo
久しぶりに本格的な山登りに行ってきました。

今回は関西からはるばる遠征、赤石山系の甲斐駒ヶ岳です。

昨年の甲斐駒ヶ岳~鋸岳の縦走登山に引き続き、2回目の登攀です。

クラシックルート(黒戸尾根)で、残雪期の甲斐駒ヶ岳をじっくり味わってきましたよ♪

ココがポイント

総合力が試される脱・中級ルート

雪山 上級ルートです。

転倒・滑落のリスクや、重装備、長時間行動、不明瞭な尾根など…。様々なハードルを自らの経験と技術で乗り越えていく登山の醍醐味ともいえる山行です








甲斐駒ヶ岳

8合目付近から見た山頂方面

南アルプスの北端、山梨県と岐阜県にまたがる日本アルプス屈指の名峰。

古くから山岳信仰の対象となってきた修験の山です。

標高:2967m

  • 日本百名山
  • 新・花の百名山
  • 山梨百名山
  • 日本百高山
  • 信州百名山
  • 一等三角点百名山
  • 新日本百名山
  • 甲信越百名山
tomo
甲斐駒ヶ岳はこんなにも選定されている名峰なんですね!

黒戸尾根ルート

  • 標高差約2200mの急峻な尾根を行く。
  • かつての信仰登山のルート。傾斜の強い岩場など修験の場の厳しさがある。
  • 年末年始より2月以降の方が積雪量が増える。春の方が状態が悪い。時期によっては七丈小屋までラッセルもあり。
  • 七丈小屋下部の岩場には垂直の階段梯子など鎖、梯子の連続。
  • 核心部は8合目より上部。雪稜と岩場の通過、慎重なルートファインディングが必要。
  • 8合目より上部では数年に一度は滑落事故あり。特に下山は慎重に!!

※上記、参考引用文献

コース・行程

基本情報

日程 1泊2日(2019年4月6日~7日)

参考コースタイム 

1日目:7時間50分

2日目:9時間10分

1日目

尾白川渓谷駐車場→竹宇駒ヶ岳神社→笹の平分岐→刃渡り→刀利天狗→五合目小屋跡→屏風小屋跡→七丈小屋 (泊)

2日目

七丈小屋→八合目御来迎場→駒ヶ岳神社本宮→甲斐駒ヶ岳→駒ヶ岳神社本宮→八合目御来迎場→七丈小屋→屏風小屋跡→五合目小屋跡→刀利天狗→刃渡り→笹の平分岐→竹宇駒ヶ岳神社→尾白川渓谷駐車場

 

内容

春山シーズンの高所登山として、今回は甲斐駒ヶ岳を選択しました。

積雪期から残雪期となった山は、日照時間が延び温かくなり行動しやすくなる時期でもあります。

tomo
しかし油断大敵!

春山の難しさは、短期間で急激に気象が変化すること

冬に逆戻りし雪が降り積もったかと思うと、また暖かくなり雪が解け…そしてまた寒くなり氷結する。

その氷の上にまた雪が降り…

残雪期の春山は日々、雪質が大きく変化します。

すなわち雪崩の危険性も高くなるということです。

危険が予測される場合は、無理せず撤退!!

これらのことを念頭に置きながら、G.W(大型連休)前の静かな甲斐駒ヶ岳を楽しみます。

装備

必携!!春山装備
  • 冬用登山靴
  • 冬用ヤッケ(上下)
  • 化繊(もしくはウール)の下着(上下)…(tomoは厚手メリノウールの長袖+メリノウールタイツ)
  • 中間着…(tomoはソフトシェル)
  • 防寒着…(tomoは化繊ジャケット(今回は着用せず)
  • 冬用靴下
  • オーバー手袋…(tomoは防寒テムレス+未脱脂ウールの手袋)
  • ロングスパッツ(ゲイター)
  • バラクラバ(目だし帽)
  • サングラス(orゴーグル)
  • ヘッドランプ
  • 12本爪アイゼン
  • チェーンアイゼン
  • ピッケル
  • ハーネス(tomoは簡易ハーネスを持って行きましたが今回は使用せず)
  • ヘルメット
  • 行動食
  • 水筒(テルモス)
  • 日焼け止め
  • 飲用水(黒戸尾根の水場は七丈小屋だけです!!)
あれば便利
  • 安全環つきのカラビナ
  • 確保器
  • 120cmスリング
  • 薬品類
  • ストック
  • 薄手の手袋
  • 嗜好品(お酒・おつまみなど)
  • 小屋泊用品…(tomoはダウンパンツ・枕に敷く用のバンダナなど)

一日目

tomo
前泊では高校時代からの友人と久々の再開♡

遠征前にちゃっかり楽しみ、時間を有効活用♪

そして当日。

名古屋を早朝に出立!いざ南アルプス、甲斐駒ヶ岳へ!!

尾白川渓谷駐車場

無料駐車場に到着。

私たちの他に登山者がチラホラみえますが…。

どうやら甲斐駒ヶ岳への登山者は私たちだけのよう。

この時期の入山者は少ないようですね。

登山口の名物!?

tomo
ちょっとキモイ

おっと失礼💦

この看板を見たら「甲斐駒ヶ岳の登山口」とすぐわかるようなインパクト大ですね!

登山ポストに登山届を出しました。

登山口への林道沿いに

少しでも春の気配を感じたく、お花がないかキョロキョロ。

唯一、スミレを発見♡

どんなに小さな花でも、見つけると嬉しいものですね。

尾白川渓谷沿いにキャンプ場あります。

渓谷沿いのキャンプ地は気持ちよさそう!

きっと夏はにぎわっているのでしょうね!

竹宇駒ヶ岳神社

途中、竹宇駒ヶ岳神社があります。

甲斐駒ヶ岳は古くから山岳信仰の対象となり、修行の場、霊山として登拝されていたそうです。

(駒ヶ岳講と呼ばれ、今も残っているのかな??)

こちらで、登山の安全祈願のお参りをしました。

甲斐駒ヶ岳は修験のお山なんですね!

登山をしていると、こういった修験のお山が多いことがわかります。

神社のわきに咲いていました

フキノトウ。

春ですね!!

定員5人まで!

さて、このつり橋を渡ると、いよいよ登山口です。

橋の上から川をのぞいて

青く澄んだ川の水。

甲斐駒ヶ岳の雪解け水かな?

看板登場!!

いよいよ黒戸尾根登山道のはじまりです。

ネコノメソウ

つり橋を渡ると、いきなり急登ですよ。

岩がゴロゴロの登山道。

左へ!

九十九折の岩ゴロゴロ地帯を少し登ります。

明るい樹林帯

落ち葉たっぷりの気持ちの良い林に出ました。

明るい陽射しが差し込んできます

天気が良いのはうれしいですが、紫外線が気になるところ。

ひさしのある帽子を持ってくるのを忘れた💦

ニット帽しか持ってなかったので、ガーゼのタオルハンカチで顔を覆い日焼け対策。

快晴!!明るい樹林帯を進みます

tomo
快晴!気持ち良い

印象に残る大木がありました。

途中に出会った印象的な木。

はじめてのルートの時は特に目印になりそうな対象物を覚えておくようにしています。

雪山だ!!

単調なルートから、やっと雪をかぶる山が見えテンションアップ!!

甲斐駒ヶ岳へ「7時間」

tomo
甲斐駒ヶ岳まで7時間

今日の目的地は小屋までだから7時間はかからないはず!

ここでオニギリ食べ大休憩。

エネルギー補給しました。

登山道が残雪のホワイトロードに。

分岐から刃渡りまでが、また長く感じました💦

早めのチェーンアイゼンを装着で転倒対策です。

日陰に大きなツララ

笹平の分岐~刃渡りまでの区間が、私は一番、苦手な箇所でした。

登りと下りなら、私は断然、登りの方がしんどさがマシなのですが…。

この区間、翌日の下山時には雪が解けアイスバーンになっている箇所と、雪が解けドロドログチャグチャの箇所が混在していました。

tomo
念のためのチェーンアイゼンは、やはり必携ですね

木陰から鳳凰三山が見えた!

急登に疲れが出たころ、大休憩で座った木陰から鳳凰三山が見えました。

元気がもらえますね。

tomo
よし!頑張ろう!!

刃渡りまで後、少し

ここで、この日、唯一の下山してくる登山者と会いました。

どうやら前日の入山者はこの方のみだったようです。

山上(8合目より上部が核心部!!)のトレースの状況などお話を聞かせていただきました。

幸いにも、トレースはしっかりありそうです。

あとはこの気温でどの程度、雪質が変わるのか?

(雪質により雪崩の危険性あり!)

tomo
情報収集も大事ですね!

刃渡りに到着

雪が斜面を覆っています。

雪質によりアイゼンの選択を!

暖かな日だったため雪は湿って柔らかかったです。

注意ポイント

春山は天候により雪質が日々、変化します。積雪量が少ない箇所では長い爪のアイゼンでは歩きにくいです。チェーンアイゼンがあると安心ですよ。逆にアイスバーンとなった氷結面はチェーンアイゼンが効かない場合もあります。下山時の転倒に要注意です。

鎖場は転倒、滑落に要注意

刃渡りは天望が開けているため絶景が眺められる場所でもあります。

トンガリわかるかな?

鳳凰三山。

麓の街もよく見える

八ヶ岳もくっきり見えます。

この雪が凍っていたら要注意ですね

刃渡りでは、足元の安定した箇所をちゃんと選んで、写真撮影しました。

階段ハシゴが現れた

刃渡りから少し進むと、ついにハシゴ、鎖場のゾーンに突入です。

慎重に進もう!

刃渡りを過ぎたあたりからチェーンアイゼンから12本爪アイゼンに交換しました。

雪で半分埋もれています

刀利天狗に到着しました。

お不動さん?!

ここで大休憩。

サーモスに入れてきたチャイで身体の中から温まりました。

寒い日には休憩時の温かい飲み物で、身体の中から温めることで低体温症の予防になります。山にサーモスは必需品ですね!

 

時々ズボッと行くので要注意

なだらかな雪のモフモフ地帯を進みます。

広く開けた場所です

ここが5合目の小屋跡。

下山時に一張りテントがありました。

甲斐駒ヶ岳は冬季クライミングのルートが複数あるようです。テントの主の二人連れの方たちはアイスクライミングを楽しまれたようですよ♪

 

やっと目指すお山、甲斐駒ヶ岳が見えた

5分程、くだった先に屏風小屋跡があります。

たくさん石仏があります

雪に石仏が埋もれていて、お不動さんの頭だけが見えていることも💦

tomo
うっかり踏んでいたらゴメンナサイ

再び階段ハシゴ、鎖場ゾーンです

さて、ここからが本当の1日目の核心部。

この急登を乗り越えた先に七丈小屋がありますよ!

標高があがるに連れハシゴが雪に埋もれています

アイゼン、ピッケルワークを確実に!

短い距離でも落ちたらアウトの岩場のトラバースもあります。

必ず鎖を把持し安全確保しながら進みます。

アイゼンで木の橋も中央が薄くなってきています

下の段の崩れ具合を見ると、緊張感があります。

ピッケル、アイゼンをしっかり効かせて!!

ピッケルの使い方(雪面への刺し方)はその場の状況に合わせて、確実に効いていることを確かめながら一歩一歩を確実に。

テムレスはゴム手袋。

tomo
雪面の冷たさは全く感じず、威力を発揮してくれました。

垂直の階段ハシゴもあるよ

tomo
慎重に慎重に…。

明らかな危険個所では誰でも注意するもの。意外と滑落や転倒事故が起きるのは、なんでもないような気の抜ける場所で起こっているようです。

七丈小屋

本日の目的地、七丈小屋

tomo
長かった~

いつ階段ハシゴが終わるのだろう?

なんて感じ始めたころ、やっと、七丈小屋に到着しました。

本日のお宿

小屋が見えた時は思わずホッと安堵しましたね。

まずは小屋に入り、落ち着きましょう♪

ストーブの上には大きな寸胴鍋

小屋に入るなりまず目についたのが、この大きなお鍋。

ストーブの上に置かれた寸胴鍋で雪を溶かしています。

こうやって小屋の作業用の水を確保しているそうです。(飲用水ではありません)

レリーフっていうのかな?

tomo
なんだか雰囲気のある小屋ですね

カレンダーの絵が素晴らしい!!

何気なく壁にかけられたカレンダー。

ほ、欲しい…♡

鳥観図というのかな。

ついついこういうグッズに目が留まります。

明日、アタックする山頂

夕食までの時間、荷物を整理したら小屋の外に出てみました。

ポイント

小屋に到着したら、明るいうちにトイレ確認をしておくと良いでしょう。トイレは外の別建物です。夜はヘッデンが必須です。

夕食はカレーライス

17時から夕食です。

おかわり自由のカレーライス。おかずも少しついています。

地酒がたくさんありますね

小屋番さんたちと、おしゃべりしながら団らん♪

少し焼酎のお湯割りも飲みました。

この日の宿泊者は私たちだけだったため、リラックスして口もすべらか!?

オーナーの花谷さんは残念ながら不在でしたが、皆さんと楽しいひと時でした。

寝床はロフトになった2階に布団を敷いてくださっていました。

20時消灯。

小屋内は暖かく、ぐっすり眠れ快適に過ごすことができました。

tomo
七丈小屋は快適でくつろげる居心地の良い山小屋でした

朝食用のお弁当

翌朝。

前日のうちに起床、出立時間をお知らせしていたので、晩のうちに朝食用のお弁当を準備してくださっています。

食べてから出発するもよし。

もって山上で食べても良し。

美味しく頂きました!

私たちは明るくなった日の出とともに行動予定だったので、小屋で朝食を食べてから出発です。

お味噌汁用(インスタント)の湯もあり、温かな小屋の中でしっかり朝食を摂ることができました。

tomo
預けておいたサーモスに新しい湯も入れてもらえるのでありがたいです。

二日目

山頂アタックの朝。

2日目。

あいにくの曇り空。

しかし朝のうちなら雨や雪の心配もなさそうです。

不必要な物品は小屋にデポさせてもらい、最低限の荷物で山頂アタックです!

小屋のテン場は1張りのみ。

テント泊のソロのタフガイさんは先に出立しているようです。

雪のロールケーキ?!

tomo
雪のロールケーキみたい

コレ、「雪まくり」と呼ばれているようです。

雪まくりとは、まれにみる気象現象である。風により地面に積もった雪が、シート状にまくりあげられ、絨毯を巻いたような形状が作られる。いわば自然が作る雪だるまである。

出典:Wikipedia

トレースはあるものの、ちゃんと確認しながら進んでますよ

太陽の光が斜めにさし景色がほんのりピンク色で好きな時間帯です。

徐々に高度をあげ、眼下には七丈小屋のソーラーパネルが小さく見える。

しっかりトレースが残っていたおかげで、ゼロからのラッセル、ルートファインディングも容易でありがたいですね。

黒戸尾根をバックに

モフモフの雪を一歩ずつ進みます。

高所とは思えないような、おだやかな風で、時折吹き抜ける風が心地よいです。

ついに山上が見えてきた!

着実に前進!

山上を目視でき、ワクワクが半端ないです!!

核心部の岩稜帯

徐々に迫りくる黒戸尾根の核心部。

ついに来た!!

tomo
テンションがあがるね

右奥には昨年登った鋸岳

あのギザギザは鋸岳。

8合目ご来迎場に到着

ちょっと立ち休憩。

温かい飲み物で気合を入れましょう♪

神々しい…。

よし。

ここからが本日の核心部!

気を抜かず、スピーディーかつ慎重に!!

曇り空なのが唯一残念ですが

風がないので空もスッキリと晴れません。

しかし登るには良い環境だったと言えると思います。

寒さや風に苦痛を感じることなく、快適に安定して前に進むことができました。

ほとんど風がない!!快適すぎる

先に出立しているテント泊のソロのお兄さんのウェアを時々山上に確認。

お兄さんも私たちの存在に気が付いたようで、途中、お互いに手を振り挨拶しました。

大きな雪庇

ここからが大本命の危険個所。

この写真、偶然にも七丈小屋HPの写真と同じ箇所から撮影しているのでは?

上記、写真中央の大岩を左に巻くのは夏道。

正解の冬道は右に巻きますよ。

この時、大岩を左に巻くようにトレースが薄っすらついていたため、私は同行者に確認の声掛けをしました。

同行者がちゃんと右で合っていることを理解しており、先達してくれたために間違いなく進むことができました。

tomo
リーダーさんが事前に確認していてくれたおかげです!ありがとう

そしてルンゼ上の地形に突入。

本来ある鎖は雪で埋まっているため使えません。(G.Wごろまで埋まったままのようですね)

高度感、伝わりますか?!

ルンゼを抜け、あがってきたところ。

tomo
ここは一番、緊張しました。

 

急な雪壁となり、登山者の力量によってはロープを積極的に用いなければならない場所となります。ロープがない場合は、間違いのないアイゼン・ピッケルワークが求められます。

参考引用:七丈小屋HPより

無事、ルンゼを抜けると…。

甲斐駒ヶ岳のシンボル?!

2本剣の烏帽子岩に到着。

二本の鉄剣は風で少し揺れていました。

tomo
曇ってるけど、これも幻想的でいいかんじ

そして山頂までは尾根道を進みます。

写真はありませんが、ここもスラブ上の岩の上に雪が張り付いており、慎重に通過しました。

tomo
※危険な箇所で写真撮ってたら危ないので、残念ながら写真はないのです

山頂の祠。このワラジも有名ですね。

甲斐駒ヶ岳に登頂です

tomo
達成感がハンパない!!

感動を伝えたくて、はじめて山頂からインスタグラムに動画を投稿しました。

登頂記念!

今回の山行は、私、一人の力では到底、成し遂げることはできなかったと思います。

tomo
一緒に登ったメンバーさんに感謝

また一つ、経験値を重ねることができ嬉しいです。

奥にかすんで見えるのは鋸岳

雲がなかなかとれないため、かすんでみえますが周囲の山々も見渡せました。

山頂はさすがに風が少しありますが、厳冬期の強風に比べたらたいしたことない程度です。

山頂から下山開始し間もなくのこと

雲が立ち込めてくる前に下山しましょう。

山頂で長居はせずに早々にくだりはじめます。

振り返ると、ほんの一瞬の青空が覗きました!

長居は無用!はい。下山!!

下山こそ、慎重に。

再び、慎重かつ的確なアイゼン、ピッケルワークを意識して歩き始めました。

烏帽子岩の向こうには、黒戸尾根

山頂をゲットしたからと言って、最後まで気は抜けません!!

絶景をみながらカフェタイム

風の当たらない場所で、大休憩。

温かい飲み物と、行動食でエネルギー補給しました。

クライムダウン!

2日目の核心部といっても過言ではないでしょう。

ルンゼの通過。

下山時が一番、要注意です。

今回の山行で一番、緊張した箇所でしたが、一歩ずつ確実に進むことでクリア!

下山の方が慎重に!

集中!!

髪の毛、乱れていたって気にしている暇ありません。

 

下山は…

再び七丈小屋に戻ってきて、温かなおでんを頂き大休憩。

実は、私の体調不良のため下山に時間をかなりの時間を要してしまいました。

さすがに黒戸尾根。

本当に長いです( ;∀;)

時間はかかりましたが、確実に一歩ずつ。

着実に前進していることを踏みしめながら…。

そして最後は竹宇駒ヶ岳神社で無事に下山したことを報告して帰路へと戻りました。

下山。刃渡りの付近では小雪がちらついていました。

まとめ

残雪期の甲斐駒ヶ岳。

はじめての登攀でピークに達することができたのはラッキーでした。

しかし自分の健康管理はじめ、反省点、学ぶ点が多くありました。

決して自分の力だけで成し遂げたとは思いません。

雪山は日々変化する環境に合わせて、撤退もよくあること。

晴天ではなかったものの、今回のように登りやすい環境条件があったからこそ登攀が可能だったと思います。

もちろん、事前の情報収集・安全のための装備の準備、装備の扱い方や行動術、歩行技術などなど…。

日々積み重ねてきたこれまでのトレーニングあってこそのチャレンジです。

私はまだまだ山岳会で学びながら経験値を上げている最中。

実践しないと見につかない面も多いと思います。

これからも確実に経験を積みながら、安全登山を心掛けステップアップしていきたいと思います。

いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

ランキングに参加しています。

応援のクリック👇よろしくお願いいたします。


山ガールランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村

tomo
ブログ更新の励みになり嬉しいです。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-山梨県の山, 山行記録, 甲斐駒ヶ岳, 雪山
-, , , , ,

Copyright© やまのぼりブログ , 2019 All Rights Reserved.