三峰山の霧氷を見にリベンジでソロ登山2017.12.20

投稿日:

2017年11月22日に三峰山に登った時は、かろうじて霧氷をみつけたものの…

ほんのちっちゃなエビの尻尾でした。

低山雪山トレーニングを兼ねて、2017年12月20日に霧氷リベンジのソロ登山に行ってきました。

今回は霧氷とともに、朝陽も見たい!!という、もうひとつのテーマを持ってのリベンジです。

朝陽を見るということは、暗いうちから登り始めないと行けません(´Д`;)

しかも、ソロ。

ちょっとビビリな私ですが…さあ、どうだったでしょうか!?

少し前のお話になりますが、その時の山行記録です。

tomo
よかったら、のぞいてみてくださいね。

 

ナイトハイク

AM5:30頃。

まだ真っ暗闇の中、登山口でもあるみつせ青少年旅行村の駐車場に到着しました。

↑今回、暗い登山道を歩くのに大活躍したのがコチラ✩

約20年前に購入したSONYの携帯ラジオ

はじめて原付スクーターにテントやシュラフを積んで、北海道ソロ旅をした時のものです。

登山で使用するのはこれがはじめて。

電池を入れ替えただけで、問題なく使用できました。

 

↑看板のむこうにうっすらと星空が写っているのわかりますか??

肉眼では、ものすごい数の星空でしばらく見ていたいほど♪

ちょっとビビりつつも、今回の自分に課したミッションは霧氷と日の出を見ることです。

グズグズしていたら陽が昇ってきてしまいます。

(でも、最初の一歩まで時間かかりました(^^;)

勇気を出して出発します!!

 

真っ暗闇の林道を進み、ついに登山道へ入ります。

知らない道をナイトハイクするのは危険なので、よく知っている登尾ルートを進みます。

 

私の少し後に到着した車の方は、出発していそうな気配はありません。

 

最初のポイント、トイレのある避難小屋までやってきました。

すでに空がうっすらとしらんできています。

 

いったん荷物を降ろし、トイレに行ったり上着を脱いだりしていたら、すっかりあたりは明るくなってきました。

夜明け。急いで山頂へ。

ヘッ電はもう要らないなあ。

ここからは朝陽が登り始めるのと追いかけっこっ(´Д`;)

 

曽爾、倶留尊山方面も空がすっかり明るくなってきています。

まだ、朝焼けには早い感じ。

ヨシ、気合入れて歩くぞ!!

いつもより、やや早いペースで進みます。

そうこうしているうちに、あたりはどんどん朝焼けの雰囲気がしてきているのでは???

やばーーーい。急げーーー。

いったん、ここで立ち止まりお茶を飲んで…すぐに出発です。

このあいだの写真は、急いでいたのでちょっと少なめ。

山小屋が見えてきましたよ。

もちろん、スルーします。

 

 

あぁ~~~(´Д`;)

この空の雰囲気は??

これは間に合わないかな??

 

急いで登っているうちにあたりの景色は霧氷の林に。

植林の整列した木々にも霧氷がついています。

シロヤシオなどの広葉樹の霧氷も良いですが、松や杉の針葉樹の霧氷も良いですね。

霧氷のトンネルへ突入♪

先行者は2頭の鹿が横切っていっただけ。

人っ子一人いません。

 

あら。獣の足跡。

キツネかテン?

登山ルートを山頂に向かって、ずっとかわいい足跡が先行してくれています。

 

御嶽山のビューポイント。

う~~ん。どれかしら?

だいぶ明るくなってきました。

 

 

ついに太陽が(´Д`;)

間に合わず…ガッカリ(;>_<;)

でも、歩みは緩めないで進みましょう!!

山頂までもう少し。

稜線上の林の間を、かすかな太陽の光が差し込んできています。

 

山頂へ到着。八丁平へ。

 

ついに、山頂!!

山頂は360度は開けていないので、これは先に八丁平へ行くべきだったな。

そうすれば日の出に間に合ったかも???

うん。キレイです。

八丁平へ急ぎます。

山頂から八丁平へと進む時の、胸のワクワク感♪

もうすぐ♪

もうすぐ♪

もうすぐ、とっておきが、待っている~~♪

 

 

じゃーーーーーん!!

イェーーーーーーイ!!

これが見たかったのよーーー♪

朝の新しい空気。

透明な時間。

空には雲、一つなくて。

ここには、私だけ。

 

太陽が大きい。

 

絶景を独り占めしながら、まったり暖かい飲み物で休憩です。

 

セルフタイマーは、練習せねば(^^;

インスタで他の皆さんのセルフィー見ながら、いつもあんな写真やこんな写真が撮れたらいいな!と参考にさせてもらっています。

 

 

山頂方面。

さ~て、そろそろ、帰りますよ。

まだ、山を降りたくないのはヤマヤマですが(笑)

午後から子供二人の懇談のハシゴをしなければなりません。

 

また、いつでも来られるさ♪

まだ陽が高くならないうちに下山します。

下山開始

少し進むと、また林間に入っていきます。

陽が登りきっていないので、場所によってはまだ薄暗いです。

登りでは、写真を撮っている余裕がなかったのですが…

こんなトゲトゲしたかわいい霧氷が♡

次回は、朝陽を浴びたキラキラの霧氷を撮りに来るのもいいですね。

こんな雰囲気も素敵です。

ちょっとムーミンの世界をイメージしてしまいます。

いつもの看板に「ありがとう」と返事をして。

下山は山小屋の反対側を通りすぎ、不動滝ルートを進みます。

やっと陽が射してきましたよ。

不動滝

 

不動滝の上部の横に小さなお社があります。

その前まで歩いて入ることができます。

 

ちょうど真横から滝を撮影できます。

滝の端のほうには小さな氷瀑ができています。

大きなツララも。

水が固まった、自然の造形美。

少しくだり橋を渡り、下から撮影。

橋の水たまりがカチンコチんに凍っていました。

タッタカターと、下山。

最初の登尾ルートとの分岐。

安全無事に下山完了!!

駐車場まで戻ってきました。

 

本当の本当の、本音を言うなら…

日の出前の空が、暗闇から、徐々に藍色になって下の方から段々と

オレンジの光に染まってくるという、その過程が見たいです。

息を飲むような、シンとした静けさ。

闇から光へ。

そういえば、映画「もののけ姫」にもそんなシーンがあったような?

それが、大好き。

その時間をじーーーと、ただ待っていたい。

いつか、山の上でそんな時間を堪能してみたいな♡

 

今回の山行、出会ったのは2頭の鹿だけ。

結局、一人の人間とも出会わなかったなぁ(´▽`

 

 

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。


山ガールランキング 
にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
tomo

tomo

「やまのぼりブログ」管理人。山が好き、花が好き。 関西から日帰り登山を中心に、時々遠征もしています。

-三峰山, 奈良県の山, 山行記録
-, , , , ,

Copyright© やまのぼりブログ , 2018 All Rights Reserved.