やまのぼりブログ

関西発ゆるゆる大人女子の山登り



八ヶ岳連峰 山行記録 横岳 硫黄岳 赤岳 長野県の山 阿弥陀岳 雪山

年末年始は八ヶ岳小屋泊・雪山5座縦走・ご来光登山2019(後編)

更新日:

八ヶ岳で小屋泊・雪山5座縦走・ご来光登山2019(前編)からの続きです。

八ヶ岳で小屋泊・雪山5座縦走・ご来光登山2019(前編)

幸運のおすそ分け 写真はイメージです。私じゃないですよ~ 昨年のこと。 山をお休みする先輩から、山道具(アイス用のアックス2本、普通のピッケル1本)をお安く譲り受けました。 雪山道具は何かと物入りのた ...

続きを見る

tomo
いよいよ硫黄岳から稜線を縦走します

ルート

硫黄岳の稜線

美濃戸口に前泊し、1泊2日(赤岳天望荘泊)で5座を縦走します。

赤岳は標高2899m。

赤岳天望荘は冬季、年越しに営業している山小屋としては最も標高の高い位置にあります。

tomo
アイゼン、ピッケル、冬山装備は必携ですよ

硫黄岳~横岳~赤岳天望荘

 

風除けになりGOOD♪

硫黄岳の頂上台地を後にし、硫黄岳山荘の小屋前で大休憩をしました。

ここは風除けにもなり落ち着いて、軽食を摂り良い休憩ができましたよ。

硫黄岳山荘から

温かい飲み物と軽食でエネルギーチャージしたら、再び出発です!

硫黄岳から横岳への登り返し

硫黄岳から横岳への登り返しがジミ~に、風もきつく、ちょい頑張らなアカン場所です。

ちなみに、この時、前後を歩く登山者さんたちは、ほぼ同じ赤岳天望荘に宿泊だった様子です。

tomo
この日は普段より風が弱く絶好の稜線歩きにはもってこいの日でした

大同心が見えてきた

天気は崩れる様子が全くなく、360度ぐるりを見渡しながらの稜線歩きです♪

絶景…!(^^)!

登り進むと大同心、小同心が眼下にくっきりと見えます。

ああああああああ!人が!

小同心の山上にクライマーが立っているのがわかります。

おもわず羨望のまなざしで見てしまいます。

私も今年はあそこに立つ日が来るかな???

tomo
まずは夏山のクライミングからですね

ゼッケイ♪ゼッケイ♪

明日は左から赤岳、中岳、阿弥陀岳。

あちらを歩きますよ♪

横岳の頂上が見えてきました。

横岳の左手には富士山も見えてきて、更にテンションが上がります!!

ちなみに、このあたりは、夏の阿弥陀岳南陵、横岳西壁大同心稜の山行時にひょっこり出てきた場所ですね。

ウルップソウの花咲く♪阿弥陀岳南陵&横岳西壁の大同心稜へテント泊山行②

  二日目 tomoおはようございます♪ AM4:30 夜明け前、テントを撤収。 朝食は各自で準備してきたもので簡単にすませ、テント場から行者小屋前のテーブルのあたりに集合です。 モルゲン! ...

続きを見る

横岳、登頂!

いくつものピークを横断する横岳は、夏に歩いた時よりも雪が付いていることで少し歩きやすかったような。

2018年の良い登り納めになった!

横岳は長い梯子や危うい箇所もあるので慎重に!

横岳のギザギザの上を歩いてますよ♪

横岳と赤岳の間のくぼみのところに赤岳天望荘が見えてきました。

横岳の東側をトラバース

あともうちょっと!と思ってからがながかったりしますよね。

地蔵の頭まであともう少しですが、小休止。

風除けになる岩陰で後続者の方々を見ながら休みました。

寒くてカメラのシャッターが開きにくいです

tomo
横岳のゴツゴツした感じ、かっこいい

この頃にはすでにカメラのシャッターが開きにくかったり、電源が入ってもすぐに落ちてしまうという現象が発生してきました。

カメラに詳しくない私。

tomo
なんとか、天望荘までもって~

地蔵尾根との分岐

このお地蔵様のすぐ真下で、力尽き??てる叔父様が一人。

大丈夫ですか~?と声をかけつつ、意外にもちゃんとしていたので、内心ホッとしつつ、

tomo
後少しだから頑張って!!

お互いに励ましの声をかけつつ先に進みました。

赤岳天望荘

本日のお宿に到着

tomo
安全無事に赤岳天望荘へ到着!

徐々に日が暮れていきます。

赤岳天望荘へ予定通りに到着することができました。

赤岳天望荘

  • 赤岳山頂まで標高差約260m
  • 個室は36室(ツイン19室、トリプル15室)
  • 個室1泊2食12000円
  • 年越しイベントは山道具などの豪華景品がもらえる「じゃんけん大会」

まずはチェックインし、部屋へ荷物を降ろします。

赤岳天望荘の個室

今回は少し広めの個室をゲット!荷物も置け広々でした。

廊下をはさんで西側の部屋でした

廊下を挟んで個室が東側と西側があるのですが、西側の部屋なので、カーテンの向こうはシャッター(雨戸?)締まっており凍っているのがわかります。

談話室に近い部屋でした。

荷物の整理を終え、食堂へ。

食堂では温かい振る舞いの善哉を頂き、少し休憩しました。

そして夕暮れ時を待ち、外に出てみると…。

tomo
夕陽に照らされオレンジ色に染まる横岳が!!

アーベントロート

横岳のアーベントロート

アーベントロート

夕焼けが山肌に反射して山が赤く見える現象。年間を通じ見られるが、よりきれいな赤色に染まるのは秋から冬の期間であることが多い。

参考引用:ヤマレコ

横岳のアーベントロートは、数年前、夏に赤岳天望荘に泊まった時よりも赤さが増していたような気がします。

夕陽

中岳、阿弥陀岳の向こうには暮れ行く夕陽。

今流行りの?!

平成最後の大晦日の夕陽ですね。

tomo
自然が造り出す美しい光景にウットリです

赤岳天望荘の大晦日

赤岳天望荘の夕飯

食事は食堂に全員入り切れないので、時間入れ替え制で食べます。

時間になると館内放送でお知らせがあるので、食堂に行き、セルフサービスで自分の食べられる分をよそります。

赤岳鉱泉で出会った、鈴鹿のボランティアスタッフの方もお手伝いを頑張っておられました!!

tomo
豚汁や炊き込みご飯も美味しかった!ありがとうございます

じゃんけん大会

まずは挨拶から

今年は社長さんが熱発(38度?!)で不在でした。

かわりに他のスタッフの方がしっかり盛り上げてくれていましたよ!

この制服が目印?!

続いてゲスト?!として長野県警察山岳遭難救助隊の方からの挨拶もありました。

カンバーイ‼

まずはみんなで乾杯♪

ワインがお替り自由の飲み放題でしたよ。

tomo
おつまみには生ハムの振る舞いがありますよ

白熱のじゃんけん大会

赤岳天望荘の年越しイベントはなんといっても「じゃんけん大会」です。

山道具や豪華景品のあたる「じゃんけん大会」を目当てに、年末年始、年越しを赤岳天望荘で過ごす常連さんも多いようです。

実は…

今回、私たちが頂いた「赤岳天望荘」の無料宿泊券。これは昨年、山の先輩が同じ年末のじゃんけん大会でゲットした戦利品なんです。この先輩、すごい強運の持ち主で、この時無料宿泊券の他に生ハムもゲットしています。生ハムを持って下山するのが大変だったとか‼今回の景品に生ハムはありませんでしたが、山ウェアが多く出品されていました。

仲間と記念写真♪

tomo
残念ながら、私たちの仲間の中では誰も商品をゲットすることはできませんでした

今年はピンク

じゃんけん大会で何も景品をゲットできなかったとしても、全員にこんないいものもらえますよ!

赤岳天望荘グループの手帳です。

中にはイラスト付きのルート地図や、装備品の解説、赤岳天望荘グループの料金やイベント等の詳しい情報がギッシリ。

裏表紙をめくると…

また赤岳天望荘に泊まる時はぜひ使用したい特権

「赤岳天望荘で少しわがままが言える券」

tomo
予約する時は個室ではなく、まずは大部屋で予約してくださいね。

 

 

じゃんけん大会で盛り上がった後は、年越しそばの振る舞いもありましたよ。

ではでは、明日へ備えしっかり眠ることとしましょう。

あけましておめでとうございます。

ぐっすり眠れた大晦日。

一夜明け、2019年。元旦です。

tomo
お正月らしく朝食はおせちとお雑煮でした

朝食を食べたら、待ちに待った初日の出を見に小屋の外へ出てみましょう♪♪

モルゲンロート

2019.1.1赤岳天望荘から

日本で一番、標高の高い位置からお正月を迎えることができました!

本日も、お天気♪

空も赤く染まり、富士山もいちだんと美しいです。

少しずつ太陽が顔を出してきた!

山小屋に宿泊していた登山者もスタッフも皆さんで初日の出を眺めることができました。

初日の出と富士山

tomo
なんとも縁起の良い年明けでしょう

2019年も、安全に楽しく登山を楽しむことができますように。

富士山と赤岳のモルゲンロート

モルゲンロート

夜明けの頃に、山肌が太陽の光を受けて赤く染まる現象。その色はピンク色を帯びた明るい赤色に見え、山が最も美しくなる時です。参照引用:ヤマレコ

 

赤岳天望荘~中岳~阿弥陀岳

赤岳天望荘を振り返る。奥には横岳、硫黄岳もくっきりと。

初日の出を堪能した後は、赤岳天望荘に感謝のご挨拶をし次なる山へと出立です。

富士山を眺めながらの登山です

絶景を眺めながら、まずは今回一番の目的地でもある赤岳へ登頂です。

八ヶ岳ブルーをバックに達成感!!

2019年元旦に赤岳山頂にいられるなんて!

今年もいいことありそう♪

権現岳の方角を見て

20年前、登山を始めたばかりのころ。

何も知らずに権現岳を目指すも、全然ムリで途中撤退したのがはるか昔々…。

またいつか、あちらから権現岳も越えて赤岳を目指すのもいいかもしれませんね。

tomo
山頂で長居はせずに先に進みます!

赤岳から急峻な岩場を降りると…目の前には中岳、阿弥陀岳

赤岳山頂直下の急峻な岩場を下る場面は、少し緊張感がありますよ。

慎重に降りて行くと…。

やがて文三郎ルートとの分岐に出ます。

ここで阿弥陀岳に登頂してから下山するのか、そのまま下山するのかの分かれ道。

tomo
もちろん、阿弥陀岳に向かいます

中岳頂上

阿弥陀岳が目の前でドーンと大きく迫ってくる感じがします。

降りてきて赤岳を振り返る

あそこから降りてきたんだな~。

そして再び、登りが待っている!!

午前中は横岳、赤岳の西面は日陰で寒そう!

後方に赤岳から硫黄岳へと連なる山々に囲まれ、目前に向かう阿弥陀岳を見据え、再び登り始めます!

真っ青!

初めはフカフカ雪でしたが、高度を上げるにつれ岩と雪のミックスの岩稜帯です。

一か所、少しやらしい感じのポイントもありました。

徐々に高度感が増してきます

そろそろ、「山頂まだかな~」なんて、思い始めています。

ザイル出さずにアイゼンとピッケルワークでクリア!

先行して阿弥陀岳山頂から下山してくる登山者と、時々交わす挨拶や会話も楽しいです。

阿弥陀岳に登頂

阿弥陀岳に登頂!!

2017年、山の会の山行で夏に南陵から登った時以来の阿弥陀岳です。

あの時に見た赤岳もカッコよかったけど、雪をかぶった赤岳をコチラから見るのも、また、格別です!!

阿弥陀岳は修験の山の雰囲気

次は北西稜から登ってみたいですね!

このお地蔵様と夏に写真を撮ったのも記憶に新しい

たまたま山頂でご一緒した若い男性と写真を撮り合うことができ、楽しい時間を過ごすことができました。

阿弥陀岳からみた赤岳

絶景。

しばし見惚れてしまいました。

でもね、気持ちは尾根を見ながら赤岳主稜はどこかな?

石尊稜はどこかな??

なんて、次なる山行のルートに思いを馳せているのでした。

tomo
2月は山の会アルパイン山行でのバリエーションルート予定です

今回の山行もサイコーでした。

阿弥陀岳の山頂ではたくさん写真撮影して楽しみました。

では、本当に本当にこれで下山開始とします。

硫黄岳、横岳、赤岳、中岳、阿弥陀岳の5座縦走もこれでおしまいです。

下りは中岳沢で、ちょっとショートカットしていっきに行者小屋までくだります。

中岳沢から見た横岳

中岳沢

中岳沢は冬道でショートカットできるルートとして便利ではあるのですが…。何年かに一度は雪崩の事故も起きる危険なルートです。

積雪直後など、雪の状態によっては夏道を通るようにしましょう。

スピーディーに行者小屋まで降りてきて、だいぶ時間的な短縮ができました。

tomo
山とお別れ、少し名残惜しいですね

行者小屋

行者小屋で大休憩としました。

温かいおでん

私はおでんを頂きました♪

小屋内の食事スペース

トイレ休憩、腹ごしらえを済ませたら、南沢ルートで長~い下山です。

今回も美濃戸口まで安全無事に下山することができました。

下山後の立ち寄り湯

茅野市hpより

tomo
車で少し足をのばして立ち寄りたい温泉施設です

望岳の湯

東に八ヶ岳を望む、絶好のロケーションです。

本当にドーン!という感じで、田園風景の中に温泉施設があり、眺望が良いです。

天気の良い日中に立ち寄るなら、ぜひこの温泉施設がお勧めですよ。

1週間ごとに男女入れ替え性で大浴場が男女かわります。

美濃戸口からは近い「もみの湯」もいいのですが、登山者でごったかえしていることも多々ありますよね。

たまには違う温泉も!と教えていただいた、この「望岳の湯」。

元旦は地元の方でいっぱいでした。

でも、熱めのとろりとしたお湯がさっぱりできて気持ちよかったです。

tomo
再び訪れたい温泉です。

いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

ランキングに参加しています。

応援のクリック👇よろしくお願いいたします。


山ガールランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村

tomo
ブログ更新の励みになり嬉しいです。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo

「やまのぼりブログ」管理人。山が好き、花が好き。 関西から日帰り登山を中心に、時々遠征もしています。

よく読まれている記事

1

tomo雪山の魅力にはまってしまいました! ここでは私の雪山登山へ行く時の道具類を紹介します。 夏山とは違い、雪山をはじめるためには何かと道具をそろえるのが大変でした。 はっきり言って、山道具は高い! ...

2

醍醐山 セットでお得!日本旅行の「新幹線+宿泊」セットプラン 標高:454m 登山レベル:初心者向け コース:上醍醐登山口女人堂~上醍醐(醍醐山山頂)ピストン 総歩行距離:約4キロ 入山料:個人大人6 ...

3

tomo久しぶりの山行記録の投稿です。 たまりにたまった山行記録をすっ飛ばし、ブログ投稿の仕方を思い出しつつ(;^_^A 一番、直近の山行記録からアップしますね。   今回は雪降る御在所岳で ...

4

tomo早く霧氷が見たい!! ということで今回は超お手軽ハイキング。 氷点下の天気予報から高見山に行って来ました♫   高見山 標高:1248m 登山レベル:初級 ルート:高見峠からピストン ...

5

tomoまだまだ、たまりにたまった山行記録がありますので…しばらくお付き合いくださいませ。 やっと2018年の山行記録に突入です♪   2018年。 最初の登山は娘と親子登山です。 しかも、 ...

-八ヶ岳連峰, 山行記録, 横岳, 硫黄岳, 赤岳, 長野県の山, 阿弥陀岳, 雪山
-, , , , ,

Copyright© やまのぼりブログ , 2019 All Rights Reserved.