雪山登山の準備はいくらかかる?行きたい雪山タイプ別(基本の道具)

投稿日:

関西でも霧氷や冠雪の便りを聞くようになってきました。

私も先日、今シーズン初の霧氷を見てから(三峰山で今シーズン初の霧氷2017.11.22)

というもの、早く真っ青な空に白い雪が映える登山に行きたくてウズウズしています(#^.^#)

 

ワタクシtomoは冬山は、軽アイゼンで登れる低山雪山程度の経験しかありません。

tomo
もっと本格的に雪山を楽しみたい♪

でも…雪山登山の道具を揃えるのに、いったいいくら費用がかかるのだろう???

 

そこで、これから雪山登山を始めるには、

どんな道具や装備を準備したらよいのか?

道具類の値段は?

雪山登山をはじめるための準備が知りたいので調べてみることにしました。

雪山装備の基本

ベースレイヤー ミッドレイヤートップス ミッドレイヤーボトムス アウター 防寒着 ネックウォーマー グローブ・替えグローブ 靴下・替え靴下
帽子 ゲイター 雪山用登山靴 ピッケル ボール アイゼン ワカン・スノーシュー サングラス
ボトル・保温ボトル ヘッドランプ ナイフ 地図・コンパス ツエルト 日焼け止め ロープ ファーストエイドキット
非常食 携帯電話 ビーコン プローブ バックパック ハーネス ヘルメット その他

 

tomo
わぁ。たくさんあるなぁ。雪山登山で必要な物って、アイゼン、スノシュー、ピッケルだけじゃないんだ。

 

雪山ならではの特徴を踏まえた必要な道具類はたくさんあります。

今ある春、夏、秋山用の装備をそのまま活用できるものもたくさんありますが、

雪山用としてポイントを押さえ新たに購入すべき必須な道具もあります。

 

基本的には今ある道具をフル活用するとして…

この記事では新たに購入したほうがよいと考えられる道具についてピックアップしました。

 

雪山とは?

雪山と一言で言っても、雪山にもいろいろ。

あなたはどんな雪山山行がしたいですか??

 

スキー場よりさらに標高の高い頂きへ。まるで映画?別世界の絶景が見たい?

極寒の地で修行のような雪山登山?

それとも野うさぎやキツネなど、野生動物の足跡を見つるスノートレッキング??

  • 雪の樹林帯や草原など滑落の心配のない雪山。山頂を目指すのではなく自然観察や雪山歩きを楽しむ。
  • 森林限界を超えない雪山。
  • 森林限界を超える雪山。また1500m程度でも日本海側の山のように豪雪地帯も含む。

目指す雪山によって、必要な雪山道具も変わります。

目指す雪山によって、必要な登山技術も変わります。

tomo
もちろん見たこともないような絶景は見てみたいけれど…雪山のことは全然わからない私。いきなり1500m以上の雪山なんて難しそうだな(^_^;)

雪の樹林帯や草原など

雪はたっぷりあっても、地形が平坦で滑落のリスクがない地形での雪山歩き。手軽に雪山を楽しむのに最適。山頂をめざすのではなく、自然観察などが中心。

必要な道具=スノーシュー+登山靴(オールシーズン用)+トレッキングポール

スノーシュー

憧れのMSR。価格も強者(3万円~)

 

 

tomo
憧れのMSRが欲しいところだけど、値段の差は3倍以上!!悩むなあ(^_^;)。

 

トレッキングポール+スノーバスケット

無積雪期登山で使用していたお手持ちのポールにスノーバスケットをつけましょう!

トレッキングポールが雪に潜ってしまうのを防ぐために、バスケットは大型のものに交換します。また硬い雪や氷にも刺さるように先端キャップは外しておきます

 

トレッキングポールとスノーシューのセット(1万円以内)でお得感あり!
DOPPELGANGER OUTDOOR アルミ合金 トレッキングポール スノーシューセット 【バランスの良い25inch】 SW-10TP

 

私はトレッキングポールは持ってるものを使おうう。まずは入門者向けのスノーシューを買えば1万円。

低山雪山(森林限界を超えない)

森林限界を超えない雪山や、雪に覆われた低山。寒さや風は極端に厳しくないが、凍結した斜面の通過など難しい箇所もあり。

必要な道具=ダブルストック(トレッキングポール2本)+6本爪アイゼン

トレッキングポール

夏山と同じものでOK・スノーバスケットは必須 ※上記参照

 

軽アイゼン選びのポイント

軽アイゼンと本格的な雪山用の12本爪との大きな違いは、軽アイゼンは前爪がないところだ。また森林限界を超えるかどうかが目安

チェーン式 4本爪 6本爪 8本爪
夏山の雪渓や平らな雪原 夏山の雪渓や傾斜のゆるい雪面 夏山の雪渓や雪山低山~森林限界以下の硬い雪面 標高1500m程度の雪山~森林限界以下の硬い雪面

 

6本爪アイゼン

tomo
あると便利!夏山の雪渓にも使えますよ。我が家も持ってます!!

モンベル(mont‐bell) スノースパイク6クイックフィット ブラック BK S (2017年11月末現在2400円)

 

私は6本爪アイゼンは持っているので、低山の雪山なら新規購入なし!!

6本爪のアイゼンなら2400円で買えちゃうから、すぐにでも準備できそうですね。

 

本格雪山

森林限界を超える標高の高い山や、1500m程度でも豪雪地帯の日本海側の山も含まれる。稜線では風が強く、地形も厳しい。スリップが即、滑落につながることも。

必要な道具=ピッケル+12本爪アイゼン+冬用登山靴+(わかん)

冬用登山靴

厳しい寒さにも耐えられる保温機能&防水透湿素材、そしてソールの硬い冬山用の登山靴を使用。

アイゼンとの相性も大事なチェック要素です。

 

まずは信頼とコスパ良しのモンベルさんで。

こちらは3000m級の冬季登山にも対応しているモンベルフットウェアでも最高峰モデル。

もちろんゴアテックスを使用し「世界最高レベルの防水性」!!

ワンタッチアイゼン、セミワンタッチアイゼンの装着可能。

価格¥47429+税

 

雪山でよく見る絶大な人気のスポルティバ

憧れの一足です。価格¥73000~

 

tomo
このお値段の差は半端ないです。本格的に雪山をやるのでなければ手が出る値段じゃないな…

 

12本爪アイゼン

つま先に前刃がある10本以上の爪があるものが本格雪山用。装着法はブーツに合わせて。一般的なワンタッチ式、セミワンタッチ式は、ブーツにコバがないと装着できません。

 

こちらもまずはモンベルさんで探してみました。

冬季縦走からアルパインクライミングまで幅広く対応した12本爪アイゼン。価格¥17900

 

こちらも雪山でよく見る人気のグリベル。価格は¥20000~

ピッケル
上部のヘッドで雪を払って足場を作ったり、尖った部分を斜面に突き刺し杖として使ったりする雪山独特の道具。機能を十分に使うためには、正しい扱い方を学ぶことが大切。
初めて持つには、軽量、歩行の補助、滑落停止が十分にできるベーシックグレードのものがよい

 

モンベルさんのピッケルはベーシックなデザインです。サイズは5CMきざみで選べ、重量も55cm361gと超軽量。価格¥8500+税

こちらも人気のグリベルさん。カバーとリーシュがついて価格¥13000~

 

国産メーカーで安心と信頼のモンベルさんで冬用登山靴、12本爪アイゼン、ピッケルを揃えたら総額約8万円

紹介した人気商品で揃えると総額約11万円。

 

まとめ

tomo
やっぱ登山道具は初期費用が掛かりますね(^_^;)

今回は、最低限、新規に購入するべき雪山道具を安心なメーカーさん且つコスパ重視、もしくは憧れの人気ブランドと極端な比較で検討してみました。

 

本格的な雪山登山。

いつかは挑戦してみたいけれど…現実的には、上記の最低限必要な道具に加えて、雪山用の本格的なアウターや、小物類も揃えたくなりますよね。

でも、本格的な雪山登山をするにはそれらの道具をうまく使いこなす技術や、天候、地形のことなど登る前に学ぶべきことが山積み!!

 

まずはスノーシューで雪山ハイクを楽しんだり、無積雪期に慣れ親しんだ低山雪山で経験を積むことが大事だと思いました。

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございます!

ランキングの応援してもらえると嬉しいです(#^.^#)


山ガールランキング
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

よく読まれている記事

1

目次1 はじめに2 こんなのみつけました ...

2

↑出典:Walker+ 大台ケ原 見頃は ...

3

前記事(2016.10.20大台ケ原の紅 ...

4

小屋泊で八ヶ岳を縦走したよ~硫黄岳~横岳 ...

5

この土、日。関西はとってもいいお天気が続 ...

6

  今日は楽しい楽しいアロマの ...

7

登山レンタルならそらのした 竜ヶ岳 標高 ...

-基本の道具, 雪山
-, , , , , , ,

Copyright© やまのぼりブログ , 2017 All Rights Reserved.