やまのぼりブログ

関西発ゆるゆる大人女子の山登り



八ヶ岳連峰 大同心稜 山行記録 横岳

ウルップソウの花咲く♪阿弥陀岳南陵&横岳西壁の大同心稜へテント泊山行②

更新日:


 

二日目

tomo
おはようございます♪

AM4:30 夜明け前、テントを撤収。

朝食は各自で準備してきたもので簡単にすませ、テント場から行者小屋前のテーブルのあたりに集合です。

モルゲン!!

 

 

 

全員、サブバッグに必要最低限のものだけ入れ、後の荷物は行者小屋に荷物をデポします。

まだ薄暗い林間。そして赤岳鉱泉を抜け、大同心基部まで下ってきました。

本日、目指すのは横岳の西壁にある大同心稜です。

大同心稜というのは、大同心を巻いて硫黄岳と横岳の間辺りの縦走路へと抜けるバリエーションルートとなります。

大同心をクライミングするクライマーの方々も取り付きまでは同じルート。

tomo
ザイルしょってる!!今から登るのね!!

すれ違い、少し憧れの眼差しで見てしまいます。

 

 

 

相変わらず、私はせっかく咲いている高山植物を見過ごしていくのが忍びなく、

休憩タイムを利用してチョコチョコとお花の写真撮影もしてました。

コバノコゴメグサ

 

コゴメグサ

コゴメグサには変種がたくさんあるようです。

小葉の小米草(こばのこごめぐさ)と書くように、本当に小さな高山植物です。

ようく見ると、お花の形が特徴的で好きなお花の一つです。

 

イブキジャコウソウ

 

イブキジャコウソウ

はじめてこのお花に出会ったのは名前とおり伊吹山でした。

群生しているお花に、たくさんの蝶がヒラヒラと舞う姿が素敵で、その光景が目にやきついています。

 

ちなみに…

八ヶ岳の名前が冠につくお花が8種類あります。

  • ヤツガタケキンポウゲ
  • ヤツガタケナズナ
  • ヤツガタケザクラ
  • ヤツガタケキスミレ
  • ヤツガタケムグラ
  • ヤツガタケタンポポ
  • ヤツガタケイチゴツナギ
  • ヤツガタケアザミ(ヤツタカネアザミ)
tomo
のんびりお花目当ての山行もしたいな

 

大同心稜

あ!クライマーがいる♪

急登を登りきり、大同心稜の基部まで来たら、いったん大休憩。

時々、大同心をクライミングしているクライマーの掛け声が聞こえてきます。

本日の大本命、岩稜ルートのため少しの油断が命取りになりかねません

気合を入れ、出発します。

そそり立つ岩壁…

実はここから細かな写真はありません(^_^;)

だって、集中して歩いたり登ったりする場面だから写真撮ってる余裕なんてないんです!!

カメラ出して写真でも撮ろうものなら、師匠に怒鳴られかねません(;>_<;)。

 

まずは大同心を右へトラバース。

大同心と小同心の間のルンゼを行く

トラバースを抜けるとルンゼのガレ場を登ります。

岩がもろくて危うい箇所もあり、一つ一つの手の掴む岩、足を置く岩に相当気をつかいました。

落石を落として後続のメンバーに怪我をさせないように!

自分がズリッと滑って、滑り台みたく落ちていかないように。

本当に気の抜けない箇所では、昨日の阿弥陀岳南陵よりも緊張しました。

達成感!!

硫黄岳から横岳、赤岳への縦走路へ出てきました。

ロープの向こうから(下から)登ってきた私たちをみて、気づく人は気づくのですね。

どんなルートから登ってきたのですかと声を掛けてくれた若い女性もいました。

やっと安全な!?一般登山道に出てきて安堵しました。

ご褒美に雲ひとつない空と、富士山

周りを見渡せばアルプスも見えます。

 

横岳通過時はさすがに夏の八ヶ岳。

梅雨明け後の週末とあってすごい人出でした。

ハシゴや鎖場では、列をなして並ぶ場面も何度もありました。

奥秩父の山並みと富士山

天気に恵まれ、眺望が抜群に良かったです!!

tomo
どの登山者も皆さんいいお顔されてましたよ

あそこを登る日も来る!?

 

私たちメンバーは地蔵尾根行者小屋まで下山。

一度降りてきてしまうと、もう登る元気もなく…。

当初の予定では、再び阿弥陀岳の北陵を登り、御小屋尾根で下山しようという計画でしたが。

みんな

再び登るなんて無理!!

行者小屋から南沢ルートで美濃戸へ。

車の置いてある舟山十字路へは八ヶ岳山荘からタクシーで(2300円)行ったのでした。

tomo
下山後の高原牛乳サイコーに美味しかった♪

今回の山行ならではのお花たち

大同心稜の核心部とも言える箇所の岩登りを終えると、

本当に崖と呼べるような過酷な環境にこれらのお花が咲いていました。

めずらしいお花

はじめまして♡

ウルップソウとは私もはじめて聞いた花の名前でした。

名前からして北海道の地名を連想できますが、その名のとおり北海道と本州では

白馬と八ヶ岳の一部の地域しか咲かない珍しい花だそうです。

tomo
わぁ!貴重な高山植物なんだ♪

絶滅危惧1B類

寒冷地や高山の斜面などの湿った砂礫地に生える。花茎は高さ15–25 。葉は卵円形または広楕円形で、長さ幅とも4–10 cm の肉質で表面につやがあ。全体に無毛。青紫色の花を穂状に多数付け、雄しべは花弁よりも短い。花穂は円柱形で、各花にがある。開花時期は6–8月。和名の由来は千島列島得撫島で最初に発見されたことによる。属名のLagotisは、ギリシャ語のlogos()とous(耳)からなり、葉の形状が兎の耳に似ていたことに由来する。

 参考:引用文献 ウィキペディア

 

ミヤマオダマキ

鮮やかな紫色で一際、目をひきました

ミヤマオダマキ

高山帯の岩場や砂礫地に生える多年草。高山に生えているオダマキの意味。

品のある紫色の花弁が特徴的ですね。

 

コマクサ

高山植物の女王

コマクサは「高山植物の女王」と呼ばれる、八ヶ岳でも代表的なお花です。

品のあるその姿からは想像できないほどたくましいお花で、他の植物が生育できないほどの厳しい環境にも見事に適応し生きています。

 

感想

tomo
お天気に恵まれて、最高の八ヶ岳山行でした♪

初の岩稜バリエーションルート。

初のテント泊装備で縦走。

初の4人以上のグループ山行。

行く前は、ベテランさんばかりのメンバーの中で自分が足を引っ張ってしまわないかと心配でしたが、なんとか歩ききることができました。

みんなで荷物を分担したり、体調や安全面を気遣いつつ、全員で登頂を果たした時の達成感は充実感がハンパナイです!!

 

 

74歳ベテランクライマーの師匠は、やっぱり「師匠」と呼ばれるだけあってスゴイ人なんだな~という気持ちになりました。

クライミング技術はもちろんのこと、要所要所で的確に指示があり、みんなを安全に登山、下山させてくれました。

前回の笈ヶ岳登山でも感じていたことですが、まるで忍者のように音もたてずに登り降りする歩き方は素晴らしいです。

職業的に、この年齢にして、バランス能力、身体能力はスゴイな!!と。

やはり若い時から運動習慣があるのは、健康寿命を延ばすのだと実感しました。

先輩が師匠のことを「神棚にあげてもいいぐらいの人」なんて表現していたけれど…もしかしたら、それは本当なのかもしれない!?

もう「エロじじい」と呼ぶのは少し自粛しようかな(´▽`*)

 

 

 

 

tomo
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。


山ガールランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo

「やまのぼりブログ」管理人。山が好き、花が好き。 関西から日帰り登山を中心に、時々遠征もしています。

よく読まれている記事

1

はじめに こんばんはtomoです。 梅雨入り前のこの気候の良い時期、みなさんも各地のお山にお出かけされたのでは?? 今回 ...

2

はじめに 話はとっても前後しちゃいますがっ(^_^;) この夏、夫婦で八ヶ岳へ小屋泊(1泊2日)で南八ヶ岳(硫黄岳~横岳 ...

3

南八ヶ岳(硫黄岳・横岳・赤岳) 赤岳…八ヶ岳最高峰2899m 山名は山肌が赤褐色であることに由来し、山頂は南峰と北峰に分 ...

4

  日程・概要 めずらしいお花にも会えました♡ウルップソウ 2018年7月14日~15日(テント泊) 山域:南 ...

-八ヶ岳連峰, 大同心稜, 山行記録, 横岳
-, ,

Copyright© やまのぼりブログ , 2018 All Rights Reserved.