霧氷の八経ヶ岳・弥山20171202②

投稿日:

この記事は、前記事「霧氷の八経ヶ岳・弥山20171202①」の続きです。

前記事から読みたい方はコチラです↓↓

霧氷の八経ヶ岳・弥山20171202①

前回の三峰山での山行では、チラッと霧氷が ...

続きを見る

 

聖宝ノ宿跡~八経ヶ岳登頂

聖宝ノ宿跡からはルートがアイスバーンのため、転倒に要注意です。

テン泊装備のおじいさんに教えていただいたとおり、乾いた石の上をつたいながら進みました。

登りではなんとかアイゼンを装着しなくても行ける感じです。

聖宝八丁の登りでは長い木の階段も出てきます。

ただでさえ、階段はきついものですが、凍っていることでさらに難儀します(^_^;)

tomo
でも、この景色、最高にキレイ。+゜*。

 

だんだん霧氷の付き具合が立派になってきました。

 

途中、好展望の箇所があります。絶景を堪能。

 

遥か遠くがひかっていたため、ズームで撮ってみました。

これは海では???

空の青と霧氷の白。

ここまでこれば、もうひと踏ん張りです!

弥山小屋はすぐですよ。

 

 

弥山小屋が見えてきたました!!

 

私達は弥山小屋の前にザックをデポして、飲み物とカメラ、軽アイゼンの軽装で八経ヶ岳を目指すことにしました。

風もほぼなくポカポカ。

大きなクリスマスツリーが作れそう(#^.^#)

なんだかワイルドです。

↑この辺りはオオヤマレンゲの群落地。

霧氷の森へと化しています。

そろそろ軽アイゼンを装着しますよ。

 

 

オオヤマレンゲの霧氷の森を抜けると…

 

雲ひとつない快晴。風もおさまり、絶好の登山日和。

近畿最高峰の

八経ヶ岳に登頂です!!

しばし360度の絶景を楽しみました♪

霧氷の森が続いています。

大峰山系の山の山頂には、このように錫杖がある山があります。

修験道の山らしさを感じます。

 

金剛山と葛城山もくっきりわかりました。

 

tomo
期待以上の霧氷の素晴らしさを味わえました!!

 

八経ヶ岳~山メシ~下山

ではでは、名残惜しいですが、いったん弥山へ戻りますよ。

 

再びオオヤマレンゲの群生地を抜け…苔のモフモフ絨毯のゾーン。

白い絨毯もキレイでした。

 

ちびっこトウヒも霧氷がついて可愛いです♡

このあたりで軽アイゼンをいったん外します。

弥山小屋の前にあるこの看板。

ふくろうが乗っていて可愛いです。

 

弥山小屋は冬季は休業。

小屋前のテーブル周辺にはたくさんの登山者で賑わっていましたよ。

みなさん、バーナーで暖かいヤマメシ?を調理されていました。

 

私達もウッドデッキに腰を下ろして、大休憩です。

BENさんが手際よくお料理してくれています。

私は…ドライマンゴーをつまみながら出来上がりをワクワクして待つのみ( ̄∀ ̄)

 

人にお料理してもらえるなんて、なんてありがたいのでしょう♪

待つこと数分…

BENさん特製キムチラーメンの出来上がり!!

生麺&キムチの辛さが食欲をさらに加速させます♪

tomo
大変、美味しゅうございました。また、よろしくお願いします!

キムチラーメンのあとは、コーヒーもご馳走になり至れり尽くせり♪

お腹も心も満たされました。

食後はカメラだけ持って、弥山小屋からすぐの天川弁財天の奥宮までお散歩です。

八経ヶ岳もキレイによく見えますよ。

積雪はないのに、立派な霧氷がついているのがよくわかります。

登山の安全無事を感謝いたしました。

弥山小屋まで戻ってきました。

ここで、今時な山ガールウェアに身を包んだ女性二人組に声をかけられました。

お手洗いを探しているとのこと。

残念ながら、冬季はトイレも板壁で閉ざされ、閉鎖されています。

そっと?!

私も木陰で済ませたことを伝えましたが…彼女たちは大丈夫だったかな??

このトイレ問題の壁を乗り越えられたら、行けるお山の幅がぐっと広がりますよ(^O^)

再び軽アイゼンを装着し下山開始。

木陰はまだ凍結していますが、木製の階段を降りたあたりから路面がぬかるんできました。

あっという間に、霧氷の森が消えてしまいました。

すぐに軽アイゼンを脱ぎました。

 

ワンポイントアドバイス

脱いだアイゼンを、手に持ったまま下山したり、ザックに外付けする人もいますが大変危険です。

汚れたアイゼンをしまえるようにビニール袋などを準備しておきましょう。

 

 

正午を過ぎると霧氷の森がどんどん消え普通の秋の風景に。

 

ぬくい!!(暖かい!!)

防風のための手袋も脱ぎ、インナーにしていた手袋のみで十分です。

ちなみにこの手袋、ランドネの付録です♪

tomo
可愛いので、ついつい(^_^;)付録目当てに買ってしまいました

登りで休憩した石休宿跡も、全く霧氷の気配がありません。

 

稜線もここまで、分岐の出合まで戻りました。

ここからはいっきに激下りがスタートです。

下りのほうが転倒は多いので慎重に歩きます。

私は登りの方が得意ですが、BENさんは特に下りの方が得意。

軽快なペースです。

あっというまに木製の橋まで戻ってきました。

 

tomo
楽しかったーーー!!!今日もありがとーーーーう!!!

 

PM2:00。

無事、下山。

今回の山行は最高に良い天気の中、

霧氷の世界を堪能できました。

↑有料駐車場の奥に靴洗い場あります。ここで泥を洗い流して帰れるの便利ですよ。

 

 

 

tomo
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。


山ガールランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

よく読まれている記事

1

目次1 はじめに2 こんなのみつけました ...

2

↑出典:Walker+ 大台ケ原 見頃は ...

3

前記事(2016.10.20大台ケ原の紅 ...

4

小屋泊で八ヶ岳を縦走したよ~硫黄岳~横岳 ...

5

この土、日。関西はとってもいいお天気が続 ...

6

  今日は楽しい楽しいアロマの ...

7

登山レンタルならそらのした 竜ヶ岳 標高 ...

-八経ヶ岳・弥山, 奈良県の山
-, ,

Copyright© やまのぼりブログ , 2017 All Rights Reserved.